スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新立山に

いつものことですが、もうひとりのうめちゃんは兎に角出かけます。
行き先は決まってないのです。
うめちゃんが返却期限切れの本を持って車に乗り込むと、「図書館へ行けばいいのか」と、目的地を決めます。
図書館の用事がすむと、気まぐれで左へ曲がり、新しく出来たらしいスーパー銭湯「かのや」を探しに行こうと言い出しました。
うめちゃんが隣でとりとめのない話をしながら、無意識で手を動かしたら、そこでまた左へ曲がってしまったのです。
「左へ行けと言ったじゃないか」
なんて平気で言うのです。
道を間違ったから、カーナビで道を探して、うめちゃんが直進と叫んだときは、右に曲がると言い出すし、「かのや」は見つからないので、しかたなくうめちゃんが「庄助村に行こうか」というと、そこへ向かうのです。
庄助村に行くのもあちこちで間違って、着いたら、目的もなくそこらを歩いて、「新立山はあっちよ」
って言っただけなのに、「登れと言ったから」と言って登り始めてしまったのです。
なにしろ、「行くぞ」と言われて、慌てて家を出来てきたので、山登りのスタイルではありません。フリースのハイネックセーターを着て同じくフリースの上着も来ていました。ズボンも温かタイプでした。
もうひとりのうめちゃんは流れる汗をぬぐうタオルも持たず、たった1.5キロの登山道だからと、登り始めてしまったのでした。
山頂からは宗像、若宮、大島も見渡せて、結構いい感じでした。
下山の途中にちょっと足を滑らして、こけてしまいましたが、よいハイキングでした。

スポンサーサイト

汗だく

続きを読む »

忘れて忘れて

昨日、生協の時間を忘れていました。
携帯を見て、着信があって思い出しました。
その時はタブレットがどこかに消えてしまって、1時間ほど家中を探していました。
朝、ハンドバッグに入れた記憶があって、お昼を食べた店で落としたか、その前に訪問した家に置いてきたのか?
お店に電話して、訪問した家の人には散々探してからどうしようもなくて、「ひょっとして落としていませんか?」と電話を掛けました。
両方の場所になかったので、そもそもカバンに入れたという記憶が間違っているかもしれないと、あらゆる可能性を考えざるを得なくなりました。ありえない場所も探しました。
最終的には二階に片付けようと階段に置いていた着物地の中に挟まっていました。
うめちゃんは、自分に自信が無くなりました。
そして今朝、閉まっているはずの公民館の鍵が開いていたので、まず自分を疑いました。
日曜日にうめちゃんが公民館へ入ったのが最後と思われたからで、自分で鍵を閉めたという自信が持てなかったのです。
しかし、これも違っていました。昨日使った人が現れたからです。

赤馬館に行ってきました。

豆カバ本舗さんが宗像市赤間の「赤馬館」で
「豆えほんの時間」展をやっているので、見に行きました。
赤間館で食事ができることを知らず、リンガーハットでちゃんぽんを食べて行ったので、勿体ないことをしました。
しかたなく、展示だけを見せてもらいました。
展示の看板に第一展示場と書いてあったので、第2展示場を探して、外に出て数メートル歩いたところに
見たような人が立っていました。最近うめちゃんが目が悪くなっていて、誰だかよくわからなかったのですが、
豆カバ本舗さんその人でした。赤馬館の近くのハナウタコーヒーというお店が第2会場でした。
元薬屋さんだったという古民家で2階まで見学させてもらいました。江戸時代からのお店でしたから、レトロも極め付きで素晴らしい眺めでした。写真のサイズを小さくできなくて、載せられないのが残念です。

二人の有名人

うめちゃんの住む町に今日は東京から有名人が二人やって来ていました。
一人は落合恵子さん、図書館の視聴覚室での講演。こっちにも行きたかったけれど、図書館でポスターを見たときには
すでに「満員受付終了」という紙が貼ってありました。
もう一人が菊池幸夫弁護士、「行列のできる法律相談」に出演している人です。
こちらは中央公民館の大ホールでの講演でしたから、予約なしで入場可能でした。
法律相談にやって来る人の3分の一が遺産相続争いだという話から始まって、最近困った老人が多いという話もされました。自分だけの理屈で他人の人権を平気で侵害する人がいるなんて話もされました。
高齢者の仲間入り寸前のうめちゃんとしては、我が身を反省したのであります。
講演後公民館前は渋滞しており、菊池先生は女子大生に囲まれて写真を撮られていました。
それを横目に、うめちゃんは自転車で車を縫ってさっさと帰りました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。